設計部門

未来建設の家づくり
設計業務の流れ

上記図はクリックすると拡大します。再度クリックまたは閉じるボタンで閉じます。

設計部門の主な業務内容

  • 建築に関する現地調査、行政・法令との条件調整、企画、基本構想立案などの業務
  • 建築、構造、設備、土地造成等の各基本設計業務
  • 基本設計を基とした実施設計作成業務
  • 建築確認申請・届出、及びその他官公庁・関係機関との申請手続きの協力業務
  • 住宅、マンション、商業施設、オフィスビル、工業施設、公益施設、コミュニティ施設等の設計監理業務
設計部門では、お客様のご希望の実現のための設計に関する業務から、建設に関するさまざまな調整・提出書類作成、施工に関する各工程がスムーズに進行されるよう計画管理まで行う大事な部門です。
 お客様からの受注に対し、システム面やコスト面そして納期などプランニング全般を管理しています。設計はCADシステムを導入して設計図、パース、CG など、ご要望次第でさまざまな手法で提案することができます。施工開始後も計画通り進行しているか常に監視・管理も行っております。
家づくりの流れページへ

設計例1

新築住宅

一般住宅・二世帯住宅・店舗併用住宅、各種住宅の設計・施工を行なっています。

集合住宅(マンション/アパート)

集合住宅の計画・設計・施工を行なっています。土地活用からライフプランまで最善のパートナーとしてお世話をさせていただいております。

商業ビル/オフィスビル/施設

各種ビルの計画・設計・施工を行なっています。また物販・飲食等の店舗の計画・設計・施工を数多く行なっています。