家づくりの流れ

ここでは、おもに一戸建て新築住宅の家づくりの流れについてご説明いたします。

ご提案から契約まで

お客様との打ち合わせ

1.ヒアリング

 未来建設では、お客様に信頼される良い建物を建築する為に、、お客様一人ひとりのご意見を十分にお聞きし、建築に必要な調査の選別や土地の確保の有無、各種許可・資金・環境など取り組むべき項目を明確にするお話し合いをさせていただいております。
 お客様のライフスタイル、家族構成、特に気になっている事、総予算などについてお伺いさせていただきます。また、 家づくりの為の問題解決のため、お客様がかかえる疑問、質問等お気づきの点すべてお気軽にお問合せください。
土地をお探しのお客様には土地についてのご相談もお受けいたしております。

次の流れ
現地を調査する

2.現地を見る

辺りの環境、地域、敷地状況等をお客様と一緒に見て廻ります。 また弊社単独でも回数を制限せず、地盤の状態、必要な調査項目の確認、敷地の高低差、方位や日照条件、隣接地の建物の状態、周辺地域の特性など 設計する上での重要なさまざまな情報を確認させていただきます。

次の流れ
プレゼンテーション

3.プレゼンテーション(設計方針・建築概要の説明)

これまでの話し合いの内容、現地の状況、法的な条件をもとに、お客様に合ったプランニングを行います。初めて家づくりにたずさわるお客様には、より柔軟な対応が出来るようたたき台となるプランのプレゼンテーションを行い意見や希望とご予算とのすりあわせが出来るだけ判りやすく理解してもらえるようご提案させていただきます。

4.調査・企画

具体的な設計方針がまとまった段階で、お客様のご希望に沿う建築物を実現する為に現地調査や行政との打ち合わせを通じ、さまざまな情報収集を重ねます。
とくに地盤については、いくら良い建物を設計したとしても地盤が建物に耐えられなければ、もともこもありません。土地改良や基礎設計の強化、など予算に影響を与えたりします。正確な調査が必要です。
○敷地測量 ○地盤調査 ○法令上の諸条件の調査・検討

次の流れ
基本設計

5.基本設計

調査結果と企画とを整理しながら、実際に家を建てられるための基本図面を作成していきます。
○設計条件の整理 ○上下水道、電気、ガス等の供給状況の確認 ○法令上の諸条件の検討確認 ○概算見積もりの検討

ブレゼン

6.実施設計

基本設計図書をもとにお客様との打ち合わせを重ね、設計内容の確認を行いながら使用主や詳細図を作成していきます。
○要求条件の検討確認 ○意匠図・構造図(構造計算書)作成 ○電気・給排水・空調換気設備図作成 ○法令上の諸条件の確認 ○官公庁等との打ち合わせ・折衝 ○工事見積書の検討確認 ○近隣住民への説明

7.建築確認申請・届出

各種法令に準じ所轄の官公庁へ必要書類提出し、規定にあった建物であるか審査を受ける。
○浄化槽設置届 ○建設確認申請 ○省エネルギー法届出

8.工事契約

  

9.着工前準備

仮設計画図、工程表の確認、設計図書の内容説明

次の流れ

工事開始から完成まで

工事着工

10.地鎮祭

工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得るとされています。一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭でもあります。

11.工事着工

地盤調査に基づき、地盤改良工事が必要な場合は、最善の方法を選択し施工いたします。

基礎工事1・基礎工事検査1 防湿加工、鉄筋・配筋組立て工事を行います。 建物を支える基礎コンクリート部分は、コンクリートで固めてしまうと見えなくなってしまうため、その前に第三者検査機関による基礎配筋検査を行います。鉄筋の太さや配置(径やピッチ)が図面どおりに組まれているかをチェックします。

基礎工事2・基礎配筋検査合格後、コンクリートを流し込み基礎をつくります。 終了後これに伴う検査をします。基礎立ち上がり幅の確認やアンカーボルト設置位置の確認など

12.上棟式

基礎に柱を立ち上げ、組み立てていきます。住宅の骨格部分が完成すると、上棟式を行います。地域の方へのお披露目と今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家をつくり上げていこうとする意思表示の会とも言えます。

13.躯体工事・工事検査

躯体工事で建物の主要な構造体を作り上げます。木造における躯体工事は、柱や梁の組み上げ、鉄筋コンクリート構造 においてはコンクリートの打設などを行います。 鉄骨工事、型枠工事鉄筋工事、コンクリート工事などもこれに含まれます。各工事に関する検査を行います。

14.屋根・外壁工事・工事検査

屋根から雨水が浸入しないよう防水施工を施し屋根を製作します。外壁工事では、防水シートとサイディングを貼ります。

15.内装工事

床板を張り、柱と柱の間には断熱材を張り、内壁に石膏ボードを張った後クロスを貼り、室内の壁を仕上げます。

キッチン、ユニットバス、トイレなどの住宅設備機器の取り付け、玄関、窓サッシなどの構造体の設置取り付けをすべて行い完成となります。

16.完了時検査

工事完成社内検査、官公庁検査、施主竣工検査、各種書類、竣工図作成

17.工事完了

お引渡しからメンテナンス

18.建物引渡し

工事完了引渡し証明書、鍵、竣工図書、取り扱い説明を行い すべての工程が完了いたします。

19.アフターケア

経年検査、諸官庁定期報告 

長く最適な状態で生活していただくために、メンテナンスは、必要に応じてご提案させていただきます。